お金を借りる前に「自己破産しないために借りすぎ注意」

自己破産は債務者の最後の救済の道

簡単に言えば、自己破産とは裁判所を通じてする債務整理のことです。
間に入ってくれるのが裁判所なのですから、その実行力は素晴らしいと言っていいでしょう。
債務を返済するのは当然のことですが、どうしても返済をすることができないというケースも少なくありません。
病気などで借金をし、その借金を返済することもままならない場合、その借金苦から救ってくれる最後の手段が自己破産になります。
ですから、債務者にとって最後の救済手段と言っていいでしょう。
これには賛否両論あるとは思いますが、人生のなかでどう頑張っても打開策が見つからないこともあります。
その場合、逃げ道を用意しておくことは悪いことではないでしょう。
自己破産をする場合、債務者が住んでいる地域の最寄りの裁判所に破産の申し立てをすることになります。
その後、裁判所において審尋を受け、現在の収入や財産で債務を返済することができないことが明らかになれば、裁判所から破産宣告が下されるのです。
破産宣告が下されれば、それまで背負っていた債務が免責となります。
そして、債務者と債権者に破産宣告決定書が渡され、官報に破産決定が掲載されるのです。
つまり、債務者と債権者が情報を漏らさない限り、官報を見なければ破産したことが知られることはありません。
そのことは、債務を免責されて、一からスタートできることを意味しています。
この破産の申し立ては個人でもすることはできますが、専門家に依頼して行うのが一般的です。



Copyright© chinanetwork.jp All Rights Reserved.